プラントハンター西畠清順さん

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号2000129  更新日 平成30年7月19日 印刷 

プラントハンター 西畠清順さん

エアプランツを選ぶ西畠清順さん

そら植物園株式会社 代表

"そら植物園"とは、ひとの心に植物を植える"活動名"です

西畠清順
1980 年 10 月 29 日生まれ。兵庫県出身。そら植物園株式会社 代表取締役。
 幕末より150年続く花と植木の卸問屋の五代目として兵庫県で生まれ、21歳より日本各地・世界各国を旅してさまざまな植物を収集するプラントハンターとしてのキャリアをスタート。今では年間250トンもの植物を輸出入し、日本はもとより海外の植物園、政府機関、企業、貴族や王族などに届けている。
2012年、"ひとの心に植物を植える"活動・そら植物園を設立。 初プロジェクトでは、「共存」をテーマにした世界各国の植物がひとつの森を形成している代々木ヴィレッジの庭を手掛け、その後の都会の緑化事業に大きな影響を与える。 東日本大震災復興祈願イベントとして依頼を受けた、日本全国47都道府県から集めた巨大な桜を同時に都内でいち早く咲かせることに成功した「桜を見上げよう。sakura project」は、全国的なニュースとなった。 その後、植物に関するさまざまなプロジェクトの依頼を各地で実現、2017年に開催され141万人を動員した「めざせ!世界一のクリスマスツリーPROJECT」など、日本の植物界の革命児として反響を呼んでいる。
 著書に「教えてくれたのは、植物でした」(徳間書店)など。

川西市だけの限定「”そら植物園セレクト”エアプランツセット」

川西市だけの「”そら植物園”セレクトエアプランツセット」 川西市へふるさと納税で寄付していただいた方に記念品として、そら植物園から直接エアプランツセットをお贈りします。
詳しくは「ふるさとづくり寄附金」ページへ。

第2弾も前回の流れを汲み清順さんを広告塔に梅田でPR

梅田でのPRの様子

「かわにし生まれ、かわにし育ち。」をテーマに第2弾
28年3月21日~27日まで阪急梅田駅から阪急百貨店うめだ本店前へ向かうムービングウォーク横柱巻広告やデジタルサイネージで、ふるさとづくり寄附金をPRする動画やポスターを掲出。

清順さんを広告塔に阪急梅田で「ふるさとづくり寄附金」をPRしました

阪急梅田にて初めて「兵庫県川西市ふるさとづくり寄附金」をPRした時の様子

「かわにし生まれ、かわにし育ち。」をテーマに27年11月30日~12月20日、12月28日~28年1月3日まで阪急百貨店前デジタルサイネージでPR用動画を紹介。
12月4~10日まで阪急梅田駅宝塚線改札前エスカレーター壁面にポスターを掲出しました。

川西市市民文化賞を贈呈

川西市市民文化賞贈呈、キセラ川西まちづくり大使に任命された西畠清順さん

平成26年 11月6日、市役所で贈呈。
また、清順さんの豊富な植物の知識をキセラの公園設備などに生かすため、「キセラ川西まちづくり大使」に任命しました。


1.植物と人をつなぐ仕事

そら植物園

2012年1月にスタートした、ひとの心に植物を植えるプロジェクト。「たとえば、あなたが朝起きてから歯磨きをして、玄関から出るまで一体何種 類の植物のお世話になっているでしょう。毎朝歩く道では、一体何種類の植物を目にするでしょう。植物の存在は、私たちの身近にいる何気なくかけが えのないものです。また、21世紀の現在では、植物の可能性は、建築、アート、教育、音楽、医療、政治、化学、デザインなど、あらゆるジャンルと 交ざり合い、垣根を飛び越えます。植物を愛でる心は、人種も年齢も性別も宗教も感じさせない。そして植物のスケールは人間の想像を遥かに超えるの です。有史以前の時代から人々は植物によって栄え、植物と共に生き、恩恵を受けてきました。いま時代が、有機的な思考にシフトしていかなければな らないときを迎え、まずは植物のことを気になるひとが一人でも多く増え、この地球上で植物に対する愛情の絶対量が増えることを願います。そしてそ のために、いま自分たちが実践できること…植物の魅力に出会えるようなあらゆる植物事業を日々推進しサポートしていくことを続けていきたいと思い ます。

 

植物と人をつなぐ仕事

”そら植物園とは、ひとの心に植物を植える“活動名”です”

『そらみみ植物園』(東京書籍)から

------------国内外での様々な活動

花園樹斎

花園樹斎

2016年1月より、そら植物園と中川政七商店のコラボレートで生まれた花園樹斎。
テーマは「お持ち帰りしたい、日本の園芸」
日本の園芸文化の楽しさを、再構築するブランドです。
実際に花宇の植物が素敵な器に入り、全国の中川政七商店で販売されています。


「神戸国際会館 屋上庭園”そらガーデン”プロデュース」

西畠清順氏がプロデュースした神戸国際会館(神戸市中央区)の屋上庭園が「そらガーデン」として2015年4月25日にオープンしました。 阪神・淡路大震災から20年を迎えるこの年に、そらガーデンのシンボルツリーとして”樹齢500年のオリーブの木”を植樹。多種多様な植物が植えられた庭園は、植物が生長し変化していく過程を楽しめるのが魅力。

そらガーデン SORA GARDEN


「北品川五丁目第1地区第一種市街地再開発事業」

山手線大崎駅内側に広がる東五反田地区を緑あふれる緑地空間の連続体とする「GARDEN CITIES構想」最大のフラッグシップ・プロジェクトのプランツディレクションを手掛ける。


「桜を見上げよう。Sakura Project」

東京有楽町で行われたプロジェクトで、被災地復興への願いを込めて全国47都道府県の桜を集めて、2012年3月22日に同時に咲かせるというも の。日本桜と名付けられた桜は見事に花を咲かせ、人々に感動を与えた。

「桜を見上げよう。Sakura Project」


「代々木VILLAGE」

2011年11月に開業した複合商業施設の植物をディレクションした。オーストラリアから運んできた巨木ボトルツリーなど世界中の個性あふれる植 物で埋め尽くされている。


2.ふるさと川西で

 

 

川西市制施行60周年記念式典

~生まれ育ったふるさと川西の60歳を桜と共に祝う~
川西市の市木でもある桜の木を舞台に配し、8月1日 夏の盛りに桜の花を咲かせます。
*桜の開花調整*
「花宇」が誇る開花調整の技術。咲かせようとする時期に花を咲かせるのは「温度調整」のなせる技。
開花時期をコントロールしつつ植物の負担を減らすために、水の粒子を細かくしたり、温室に入れるタイミングを見極めたり、神経を使いながら難しい微調整を行っていきます。

キセラ川西

これからの時代は、植物の力で人の夢やロマンを喚起させたり、まちのイメージ、まちの歴史や物語を作っていくなど、植物の持つ可能性はますます広がっていくことはまちがいない。
キセラ川西が緑あふれる街として、植物と共に育ち発展していくことを願って。

NHK課外授業ようこそ先輩「植物の気持ちとつながろう」

川西市立 川西北小学校 5年2組 2013年12月

トライやるウィーク※の受け入れ

「今年のトライやるウィークも、よかったなぁ、川中も、多田中も、みんなええ子やったわ。今年は、フランスのワイナリーの息子さんが学校のカリキュラムで職業体験にきてくれたり、なによりおれにとってもうちのスタッフにとってもよき体験です。」
※ 兵庫県が、中学生に働く場を見せて学習させようとする趣旨から、県内の中学2年生を対象として1998年度から実施している職場体験

 

 

ふるさと川西での説明写真

3.清順さんのプライベートの顔

世界中を飛び回っておられる清順さん。気になるプライベートに迫る素朴な質問。

ご結婚はされているの?

幸せを感じるときは?


4.関連書籍

はつみみ植物園(外部リンク・新しいウインドウで開きます)

『はつみみ植物園』東京書籍

大好評を博した『そらみみ植物園』に続く第2弾、『はつみみ植物園』。
知らなきゃ恥ずかしい、植物にまつわる常識を紹介します。
いつも見ている植物たちがもっと面白くなる、植物にまつわる“はつみみ”なストーリーを届ける、特別な一冊です。

『教えてくれたのは、植物でした』 徳間書店(外部リンク・新しいウインドウで開きます)

『教えてくれたのは、植物でした』 徳間書店

世界30カ国以上で植物と向き合ってきた、大注目のプラントハンター、西畠清順氏。世界中のメディアが注目する西畠氏が、いまいちばん伝えたいことを凝縮したフォトエッセイ! 植物と会話する方法とは? 世の中に「雑草」という草は存在しない? すべては、木のように成り立っている? 木を切ることは、かわいそうではない? 植物は決して自分だけが得しようとはしない?
人生を「花やか」にするための、驚きと発見と学びに充ちた一冊!

『プラントハンター 命を懸けて花を追う』 徳間書店(外部リンク・新しいウインドウで開きます)

『プラントハンター 命を懸けて花を追う』 徳間書店

年間移動距離、地球三周分! まだみぬ「花の奇跡」を追い求めて、日本全国、世界各国を飛び回る!
あらゆる職人仲間から「絶対不可能」と言われた樹齢1000 年のオリーブの大木をいかにして輸入したのか?
世界最大、重量12 トンのボトルツリーをオーストラリアから輸入せよ! 真夏の結婚式に満開の桜を納品できるのはなぜ? 「絶対不可能」を覆す常識破りのハンティングで注目を浴びる、若き「植物探索者」西畠清順。そんな彼が自身の「植物ハント」物語を軸に、人の意識を変える「植物の力」を余すところなく描いた大興奮ノンフィクション!

「そらみみ植物園」東京出版(外部リンク・新しいウインドウで開きます)

『そらみみ植物園』  東京書籍

おそるべき才能をもった植物、秘境・ソコトラ島の植物、ムラムラくる植物、そして─愛を語る植物……。
世界中にいる摩訶不思議な植物たちを、その裏側にあるいちいちおもしろいストーリーとイラストで紹介します。
著者は、寝ても覚めても植物のことばかり考えているプラントハンター・清順。2011年3月には「情熱大陸」にも取り上げられた話題の人物です。 彼が世界中を旅して出会った何千、何万もの植物の中からよりよりすぐりの約60点を独断と偏見でピックアップ。植物の話が、そらみみのように聞こえ、ふと気づくとあなたの心のなかにも植物園ができるような……そんなイメージの植物エッセイです。


5.メディアへの出演情報

広報かわにしmilife

広報かわにし

『特集「キセラ川西」プロジェクト』

まちづくり大使として、熱い想いを語る対談の様子が掲載されています。

ウェブマガジンでも取り上げられています

・HIGHFLYERS
http://www.highflyers.nu/hf/seijunnishihata1/
・&トラベル
http://www.asahi.com/and_travel/index_archive21.html
・VICE MAGAZINE
(英語サイトです)https://amuse-i-d.vice.com/how-i-became-a-plant-hunter/

平成28年1月1日(金曜日) NHKラジオ深夜便 午後11時10分から  

清順さんの出演は 2日(土曜日) 午前4時台です
2/9までの期間限定でストリーミング配信中です。

日経スペシャル『ガイアの夜明け』 (放送済)

放送日:平成27年5月19日 火曜 午後10時00分~(テレビ東京系列)
再放送:平成27年5月28日 木曜 午後9時00分~(BSジャパン)→http://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/backnumber3/preview_20150519.html

NHKスペシャル「地球を生け花する~プラントハンター世界を行く~」(放送済)

NHK総合テレビにて(再放送) 放映日 平成27年4月3日午前1時30分(2日木曜日の深夜)

平成26年10月26日(日曜日)『Growing Reed』(FMラジオ局 J-WAVE)午前0時00分~午前1時00分(放送済)

毎週ある分野に精通した様々な方をゲストに招いて、岡田准一さんとゲストで対談をする60分の番組

平成26年9月14日(日曜日)『明日へ』(NHK総合)午後1時05分~午後1時53分(放送済)

震災直後の4月、OECD(世界経済協力開発機構)の事務総長が来日し、「OECD東北スクール」の開校を宣言した。「OECD東北スクール」は、福島・ 宮城・岩手で被災した中高生約100人が、自らが企画した東北の魅力をアピールするイベントを海外で開催するというプロジェクト学習だ。定期的な合宿授業 を2年半にわたって続け、この8月、パリでイベントを行う。番組では子どもたちに密着。イベントに向けて準備を進めていく中での子どもたちの成長を見つめる。

平成26年8月16日(土曜日)『世界一受けたい授業』(日本テレビ)午後7時56分(放送済)

生物の先生として授業をされます!前回出演された時のものが好評で、今回も摩訶不思議な植物をご紹介されます。

平成26年7月19日(土曜日) NHK総合テレビ『課外授業ようこそ先輩』(アンコール放送) 午後3時50分~ 4時15分の間の20分程 (放送済)


そら植物園ホームページ(外部リンク・新しいウインドウで開きます)