エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。


現在の位置 : ホーム › かわにしシティ › 2016川西市ギャップ調査報告


ここから本文です。

2016川西市ギャップ調査報告

川西市ギャップ調査 シティプロモーションに関するアンケート 1000人に聞きました 市内と市外、認知と興味など川西市に対するギャップを調査すつため合計約1000人を対象にアンケート調査を行いました!

アンケート調査概要

目的

市内外住民からみた本市の都市イメージや、資源の認知度・関心度などを調査し、本市シティプロモーション推進の参考とする。


調査期間

平成28年9月10日(土)~11日(日)


対象

年齢:25歳以上


居住地

川西市・大阪府・兵庫県


サンプル数

※1,054名


内訳

兵庫県 592名(川西市 134名、阪神間※229名、その他 229名)
大阪府 462名(大阪市 154名、北摂※154名、その他 154名)
● 阪神間・・・神戸市、芦屋市、尼崎市、西宮市、伊丹市、宝塚市、三田市、猪名川町
● 北 摂・・・能勢町、豊能町、箕面市、池田市、高槻市、茨木市、吹田市、豊中市


調査方法

インターネット調査


市外の人の興味度が高い市内の穴場スポットに注目
市民の皆さんにもあまり知られていない地域の魅力は、まさに穴場のスポット。皆さんもぜひ、桜の見どころ、隠れ家カフェや美味しい特産を体験してはいかがでしょうか
質問、川西市に関して以下の事をご存知ですか? 27の質問で最も認知度と興味度のギャップが大きかった項目トップ3
住宅街にある隠れ家カフェや邸宅レストラン 住宅街にある、自宅を開放した「おうちカフェ」や「邸宅レストラン」、古民家ギャラリーなど
桜の見どころスポット 市の天然記念物に指定されているエドヒガン群落や多田神社の参道、猪名川の堤防沿いのソメイヨシノなど市内各所の桜の名所
早生桃、北摂栗 早生桃は通常より1か月早い6月下旬頃に収穫。北摂栗は千年の歴史があると言われている。
川西市ってどんなイメージ?市内、市外共に上位2つが同じ結果に
質問、川西市にあてはまると思うイメージをお答えください。 27項目中、上位トップ5
川西市民、市外住民

全アンケート調査結果はこちらからご覧ください

● meclibのデジタルブックは、ネット接続可能な環境でインターネットブラウザを使用して閲覧するサービスです。
● meclibアプリはネット接続ができない環境でもスマートフォンやタブレット端末からデジタルブックを閲覧できるように開発した無料の専用アプリです。


App storeリンク
meclibの専用アプリ(無料)はコチラからダウンロードできます。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。お持ちでないかたは、アドビシステムズ社ホームページ(新しいウィンドウで開く)からダウンロードしてください。


このページのトップへ戻る